DOUSHISYA D431US修理 4Kディスプレイ

個人の解体修理結果ですので、メーカが行うものとは違います。
真似して万が一事故となっても責任は一切取りません。
やってみるのなら、あくまでも自己責任で。

今のままでは、今のまま。何も変わりませんゼ!
保証だぁ、責任だぁと女々しい細かい事言ってないで。
キンタマ付いた漢(otoko)なら覚悟決めてやってみなよ。
どうせ動かないんだんら、ぶっ壊れても良いくらいの覚悟を決めよ

特別な機材はハンドテスタくらい。あとは工具と半田鏝くらいだ。
部材が大きいので、解体には2畳くらいのスペースが必要。緩衝材はフトンなどを代用する。


画像


たぐいまれにかかわらず、中古で購入したD431USが突然画面真っ黒となりましたので、
クリスマス連休の暇な時間に修理してみました。
D431USを二台持ち3840x2/2160の環境に慣れてしまって、突然3840/2160の環境に戻るというのも
心苦しいもの。まずは正常に動いているものをリファレンスとして、壊れたものを、ひとつづつ確認しつつ
原因を探ります。

まず本体裏面を開けてみますと、基盤3枚があります。電源用、入力/音声用と、画像用基板をそれぞれ
リファレンスのソレと相互交換(スワップ)してみました、3枚とも正常な方に入れ替えても画像真っ暗なまま
逆に不具合側をリファレンスにもっていっても正常に映ります。これは基板は正常であると判断



画像


なので原因はバックライト本体にある。電源入れてもインジケータ類は動くしスピーカーから音も出でいるし
リモコンにも反応している様子。なので基板配線やインジケータ、スイッチ、スピーカー、配線類をメモして
それをことごとく外し、パネルだけとした後、パネルカバーを開けると、二体に分離できる。

画像


二に分離したパネル 上が画像表示用、下がバックライト用。
上は触らすそっとしておき、下のバックライト用を解体してみる


画像


白いビニール状の紙?で白色が均等に反射するような構造となっている。
まずこの白紙を取りはずず。両面テープでくっついているだけなので
ドライヤーで熱を加えながらすこしづづ剥がしてゆく。

紙なので少しの破れならあとでセロファンテープで補修できる。
接着されている具合に合わせて、剥がし力を加減する。

画像


画像


こんな感じで剥がし終えた。少し破れた部分についてはセロテープで補修しておく。
剥がした直下にLEDを10個直列した基板が4組あることがわかる

画像


まず配線の確認。配線してある状態で抵抗値を図ったら9MΩ程度
配線は基板から外すことができるので、一枚づつの抵抗値を図ったところおのおの2MΩ程度
シャーシへの短絡有無や 電源との短絡有無も併せて確認しておく

画像


基板上の配線を確認。ただ単にLEDがシーリス(直列)で接続されていることがわかる
+-配線間にはバイパスコンデンサが一個ついているだけ、これがパンクしていないかを確認しておくこと。

画像


配線を外し、一個一個のLEDが生きているか確認する。ハンドテスターをダイオードモードにして
ひとつづつ LEDが゛点灯するかどうかを確かめてゆく


画像


画像


上から三列目の中央付近に一個だけ点灯しないものあり。こいつをバイパスする。
LEDは合計40個がシーリス(直列)配線されているため、一個でも切れてしまうと、
おのおののLEDに電力が伝わらなってしまう。日本製などは直列/並列結線を組み合わせたものが
あり、切れた部分は光らず暗いが、並列接続で生きている部分は光ることができるので、
うっすらが画面が映っているのが見えることがあるのだが、このドウシシャは全く真っ黒。
一部並列にするという発想がなかった。いかにも中華的。


画像


画像


やっつけ仕事でバイパス接続とした後、元通りに組みなおす。

画像



回路基板と配線類を仮組した状態で動作確認。100Vの電源コードを差し込んでしばらくすると
「入力信号がありません」が表示された。メニュー画面を表実せてみたところバッチリ。

画像


仮組をしたあと、後ろカバーを取り付けて、スタンド用マウント冶具を取り付けていったん終了。

画像



ディスプレイスタンドに配置して、画像出力繋ぎ、画像表示を確認。
一個くらいLEDが光らなくても、ぱっと見問題ないようにみえるが、
おそらくLED数と電流の設定値との差が出ると思うので、しばらくエージングしてみる。
その間に壊れたLEDの代替え部品の選定と発注を行おうと考えている。

所詮中華製。恐れることは全くない。
ありがたいことに構造シンプルなのでプラモデル感覚で修理できる。
日本製の無駄に拘った回路や構造がない分、DYIで治すことができそうだ。
ebayなどにディスプレだけでの部品売りや、LED基板だけのリペア部品販売があることもその理由だ。
時間と手間さえあれば、大概の中華製は自力で治すことができる。あとは自分のやる気次第

これで年末にディスプレイ代に掛かる余分な費用が削減できそうだ。
どうせ壊れてるんだから、これ以上悪くなっても状況に大差なし。なら思いっきり「いじって」みろっ!

今のままでは、今のまんま。




"DOUSHISYA D431US修理 4Kディスプレイ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: